キャッシングの限度額

キャッシングを利用する時には、自分がどのくらい融資を受ける事ができるかがとても重要になります。100万円を借りて結婚式にしようと思っているのに、20万円しか借りられないのでは、あまりに目標額との差が大きすぎて結婚の時期をずらす必要がでてくる可能性があるからです。

キャッシングの限度額には、自分の年収の3分の1という決まりがあります。これは2010年に新しく改正された貸金業法という法律にある総量規制という条項が付け加えられた事によってはっきりと決められました。総量規制には年収の3分の1という明確な基準が示されているからです。

ここで注意しなければいけないのが、貸金業法の総量規制は、あくまで最大借りる事ができる金額が3分の1と記されているだけで、誰でもが年収の3分の1までキャッシングの借入れができるという保証ではありません。あくまでもこの規定は貸金業者は個人に対して年収の3分の1を超える融資を行ってはいけないと上限を取り決めただけになります。

勤務条件であったり、年収条件や居住条件、それに他社での借入れの利用状況などによっては3分の1のお金を借りる事が出来ない可能性がある事を十分に理解しておく必要があるという事です。