キャッシングの審査

キャッシングによってお金を借りる場合には、キャッシング審査にクリアしなければいけません。このキャッシングの審査の大きな特徴と言えば、審査の内容自体が仮審査と本審査の二つに分かれている事です。よく比較対象になるクレジットカードの場合には、本審査の一度だけでカード発行が可能かどうかを決定してもらえるのですが、キャッシングは二回の審査がありますので、審査基準は難しいと言えます。

なぜキャッシングの場合には審査が二回なければいけないのかというと、キャッシングはクレジットカードなどと違ってお金を借りる際には無担保で借りなければいけないので、お金を貸す側のリスクが高くなっています。そのため、クレジットカードと比べて慎重に念には念を入れて審査を行う必要がありますので、どうしても審査が2回に分けて行わなければいけなくなっているという事です。

審査が二回に分けて行われるという事は、それだけお金を借りることができる可能性は低くなってしまっていると思われがちですが、しっかり審査してくれるので、お金を借りる事ができる金額が上限の年収の三分の一に近い所まで借りる事が出来るケースも少なくありません。
審査には時間がかかりますので余裕を持って申し込みをしてください。