キャッシングの審査

キャッシングによってお金を借りる場合には、キャッシング審査にクリアしなければいけません。このキャッシングの審査の大きな特徴と言えば、審査の内容自体が仮審査と本審査の二つに分かれている事です。
よく比較対象になるクレジットカードの場合には、本審査の一度だけでカード発行が可能かどうかを決定してもらえるのですが、キャッシングは二回の審査がありますので、審査基準は難しいと言えます。

なぜキャッシングの場合には審査が二回なければいけないのかというと、キャッシングはクレジットカードなどと違ってお金を借りる際には無担保で借りなければいけないので、お金を貸す側のリスクが高くなっています。そのため、クレジットカードと比べて慎重に念には念を入れて審査を行う必要がありますので、どうしても審査が2回に分けて行わなければいけなくなっているという事です。

審査が二回に分けて行われるという事は、それだけお金を借りることができる可能性は低くなってしまっていると思われがちですが、しっかり審査してくれるので、お金を借りる事ができる金額が上限の年収の三分の一に近い所まで借りる事が出来るケースも少なくありません。
審査には時間がかかりますので余裕を持って申し込みをしてください。

キャッシングの金利

キャッシングを利用する時には、借りる相手によって融資が変わってくる事を知っておかなければいけません。金融会社から融資を受ける際には自分にぴったりの会社からお金を借りる事がとても重要になるからです。最近では雑誌などでも多くキャッシングの広告を見かけるようになりました。一見するとどこも同じように見えてしまうかも知れませんが、それぞれ個性がしっかりとありますので、メリットとデメリットをしっかりと確認した上でキャッシングを利用しなければいけません。

キャッシングによってお金を準備しようと思ったら、いくら借りられるかを知るのはとても重要な事にはなりますが、それ以上に金利についても詳しく知っておく必要があります。金利とは借りたお金に一定の割合でかかる利子です。つまり金利が低ければ低いほど、返済する金額は少なくなるため、返済にかかるストレスを減らす事ができます。金融会社によっては、無利息期間を設けている場合もあります。それぞれの会社で無利息期間は違ってきますので、確認しておくと良いでしょう。

参考[キャッシング・消費者金融は新生銀行グループの【ノーローン】公式サイト

お金を借りるのが目的でキャッシングをするとは思いますが、最終的に返済する金額までしっかりと頭に入れた上でキャッシングをする会社を選ばないと、返済時にとても苦労してしまう可能性があります。借りる金額と合わせて金利についても詳しく知ってからキャッシングを行うようにしてください。

 

キャッシングの限度額

キャッシングを利用する時には、自分がどのくらい融資を受ける事ができるかがとても重要になります。100万円を借りて結婚式にしようと思っているのに、20万円しか借りられないのでは、あまりに目標額との差が大きすぎて結婚の時期をずらす必要がでてくる可能性があるからです。

キャッシングの限度額には、自分の年収の「3分の1という決まりがあります。これは2010年に新しく改正された貸金業法という法律にある総量規制という条項が付け加えられた事によってはっきりと決められました。総量規制には年収の3分の1という明確な基準が示されているからです。

ここで注意しなければいけないのが、貸金業法の総量規制は、あくまで最大借りる事ができる金額が3分の1と記されているだけで、誰でもが年収の3分の1までキャッシングの借入れができるという保証ではありません。あくまでもこの規定は貸金業者は個人に対して年収の3分の1を超える融資を行ってはいけないと上限を取り決めただけになります。

勤務条件であったり、年収条件や居住条件、それに他社での借入れの利用状況などによっては3分の1のお金を借りる事が出来ない可能性がある事を十分に理解しておく必要があるという事です。

キャッシングとは

最近雑誌やテレビのコマーシャルでも芸人の方や女優さん、アイドルの方をイメージにしたキャッシングの広告を見かけるようになりました。そのため、一度は利用してみようと思っている方も多いと思いますが、キャッシングについてはしっかりと理解を深めた上で利用しなければ大問題に発展する可能性がありますので注意が必要になります。

そもそもキャッシングとはどのような事を指す行為なのかというと、作成したクレジットカードやキャッシングカードを利用してコンビニなどに置いてあるATMや消費者金融の窓口などのキャッシュディスペンサーを利用してお金を借りるサービスの事をいいます。

キャッシングのポイントとしては、引き出せる金額の上限が各カード会社との契約内容によって決められていますので、自分が借りたいと思っている金額を全て借りる事ができるわけではありません。また、だれもがキャッシングを利用できるのではなく、キャッシングを利用しても大丈夫かどうかの判断をカードの契約前には審査を行い通過した方のみ利用する事ができるようになっております。

一見するとATMやキャッシュディスペンサーから現金を引き出すのは、自分の銀行口座からお金を引き出すことによく似ていますが、金利などが付いてきますので、そう簡単に考えない方が良いと思います。
そこでこちらのページでは、これから初めてキャッシングを利用しようと思っている方の為に、最低限知っておいて欲しい内容をご紹介します。